新しいキレイと出合うために。

NEW!

STUDY for BIOTOP T-shirts 24SS

2024.04.05

パリを拠点とする、作家・編集者、Christopher Niquet (クリストファー・ニケ)が2022年7月に創刊したファッション&カルチャー誌 「Study(スタディ)」 とコラボレーションをしたTシャツをBIOTOP3店舗(白金台、大阪、福岡)とJ'aDoRe JUN ONLINE、ADAM ET ROPÉ全店にて販売中です。

同誌は、毎号独自の視点で選んだ研究対象“Study” をテーマに、これまでに全5号を発売。毎号アーティスト、写真家、タレント、作家の意見や作品に焦点を当てて紹介しています。

今回のコラボレーションでは、vol.4からは1950年代から80年代にかけて「ハーパース・バザー」「ニューヨーク・タイムス」「マドモワゼル」「エル」などの誌面や広告界で活躍し、近年再評価の声が高まっているスウェーデン系アメリカ人フォトグラファー「Gösta Peterson(ゴスタ・ピーターソン)」、vol.5からはパリをベースとするファッション・エディターCamille Bidault-Waddington(カミーユ・ビドゥ=ワディントン)とロンドンをベースとするフォトグラファー「Angelo Pennetta (アンジェロ・ペンネッタ)」の印象的な4枚の写真をピックアップし、BIOTOPらしい空気感を感じるTシャツ全4パターンを制作いたしました。

発売場所
・BIOTOP3店舗(白金台、大阪、福岡)
・BIOTOP ONLINE

Vol.4:Gösta Peterson(ゴスタ・ピーターソン)
当時の撮影に街で見かけた女性をモデルとすることも多かったピーターソンは、一世代を風靡したイギリス人モデル、ツィッギーが1967年に初渡米した際にキャスティングしたり、ファッション界で活躍した初のアフリカ系アメリカ人モデル、ナオミ・シムズを表紙に起用したことなど画期的な先見性で知られており、また、彼の即興的でグラフィカルな独特の構図は、ダイアン・アーバス、ボブ・リチャードソンなど同世代の作家にも影響を与えたと評されている。彼の作品は現在ヴィクトリア・アルバート美術館、ボストン美術館などに所蔵され、2023年にはニューヨークのアート・ギャラリー、Debolla Bell Photograph にて回顧展が行われた。

<Vol.5:Camille Bidault-Waddington(カミーユ・ビドゥ=ワディントン)>
パリをべースとするファッション・エディター。20年以上にわたり多くの著名かつ気鋭のフォトグラファーと共に撮影し、ファッション写真のクリエィティブの限界を超える多様なクリエイションに貢献している。

<Vol.5:Angelo Pennetta (アンジェロ・ペンネッタ)>
ロンドンをベースとするフォトグラファー。GUCCI, BURBERRY, LOUIS VUITTON などのブランドのキャンペーンや「iD」「The Gentle Woman」「Wall Street Journal Magazine」「Vogue」 などの誌面でも活躍し、Camille Bidault-Waddingtonとは頻繁にチーム アップし、さまざまな媒体で協働している。

■STUDY for BIOTOP T-shirts 24SS
Price:¥7,700(税込)
Size:F
Color: WHITE
No.:BOM04470

STUDY(スタディ)
パリを拠点とする作家・編集者、クリストファー・ニケ(Christopher Niquet)により2022年7月に創刊されたファッション・カルチャー誌。「STUDY」は雑誌と書籍を行き来する場所であり、人・場所・作品・創作への思いを探求(Study) するための場所でもあり、毎号独自の視点で選んだ研究対象(Study) をテーマに、ポートフォリオと雑誌の融合を目指す。
  • KARTIK RESEARCH 24SS

    2021年に Kartik Kumra によって設立されたインドのブランド Kartik Research(旧:Karu Research)。
    職人技と文化を讃えるメンズウェアを提供しています。サンスクリット語で「職人」を意味する言葉から名付けられた「Kartik Research」は、インドの豊かな工芸文化遺産を保存し、さらに発展させることに尽力しています。 生産工程の殆どをインドで行うこのブランドのアイテムは、どれも複雑な手作業で作られているのが特徴です。 インドの伝統的な刺し子刺繍「カンタキルト」のカバーオールやショートパンツから、ハンドメイドのカダール織りのシャツ、コットン カーディガンまで、さまざまなスタイルがあります。 伝統にインスパイアされた現代的なスタイルで、Kartik Research は、ファッション性と品格を両立させています。

    KARTIK RESEARCH NEW BRAND BIOTOP
  • LITKOVSKA 24SS

    デザイナー リラ・リトコフスカヤが2009年にスタートしたウクライナのブランド。
    4世代にわたる仕立て屋の家系に生まれた、大胆なフォルム、洗練されたテーラリング、複雑なクラフトマンシップを好むことで知られ、
    洗練された風変わりなシルエットとエッジの効いた流動的なデザインを提案しています。

    LITKOVSKA BIOTOP
  • IIROT 24SS

    「好きなものこそ、シンプルに纏う」
    そんな思考を大切にしている女性達へ送る服。
    永遠のマストアイテムとして普遍的であり続けるタイムレスな服であり、飾り立てず着こなしの可能性を感じるデザインを提案。
    コレクションではなく「エディション」として新作を発表していきます。
    各エディションと混在していく中で、過去のエディションがまた新しい違ったスタイリングで楽しめる、そんな現代の女性のワードローブを提案していきます。

    IIROT BIOTOP
  • GUIDI for BIOTOP 24SS Exclusive Item

    高い皮革加工技術で知られる、1896年創業のイタリア・トスカーナ地方のシューズブランド「GUIDI(グイディ)」に別注した〈Back Zip Boots〉と〈Zipped Big Daddy Boots〉をBIOTOP3店舗(白金台、大阪、福岡)とJ'aDoRe JUN ONLINEにて販売中です。

    デザイナーRuggero Guidi(ルジェロ・グイディ)は、レザー加工に関する知識を活かし、昔ながらの職人技と最先端のテクノロジーをバランス良く取り入れています。職人でなければ作り得ることのできない抜群の履き心地が最大の特徴で、大量生産でなくトレンドや流行を超越し、伝統技術を織り交ぜたシューズを生み出し続けています。

    GUIDI BIOTOP
  • AURALEE for BIOTOP Exclusive Item

    23SSでの発売時、大変好評をいただき瞬く間に完売した「AURALEE(オーラリー)」のシアーリブカーディガン。4月13日(土)より、BIOTOP3店舗(白金台、大阪、福岡)とBIOTOP ONLINEにて発売いたします。

    発売日:4月13日(土)

    発売場所:
    ・BIOTOP3店舗(白金台、大阪、福岡)
    ・BIOTOP ONLINE PM12:00頃〜

    ※システム状況により発売時間が多少前後する場合がございます。ご了承ください。

    今シーズンはエレガントな印象のブラックに加え、清さと凛々しさを感じるブルー、パープルの3色で別注。一見ベーシックでありながら、コンパクトな丈感にあえて長めの袖、インナーファッションを楽しめるシアー素材など、女性らしさを感じる要素が詰め込まれた一枚です。

    AURALEEはカットソー、ニット、布帛にわたり、素材作りからデザインと考え、高い技術に裏打ちされた日本屈指の生産背景で作り込んだ素材を独自に製作しているブランドです。

    AURALEE BIOTOP
  • Kate Moss by David Sims Photo T-shirts 24SS

    デイビッド・シムズによるケイト・モスのフォトTシャツが販売開始。
    90年代を代表する広告写真を採用いたしました。

    モデル界のレジェントとしてファッション業界を盛り上げてきた「KATE MOSS(ケイト・モス)」を、イギリス出身のファッションフォトグラファー「David Sims(デイビッド・シムズ)」が撮り下ろした写真をプリントしたTシャツを2024年4月11日(木)にBIOTOP3店舗(白金台、大阪、福岡)とJ'aDoRe JUN ONLINEにて販売中です。

    プリントには、1993年に撮影された90年代を代表する広告写真を採用。
    髪を束ね、黒のアンダーウエアを身につけた写真は、David Simsが撮影した写真の中でも特に印象的な一枚です。それぞれ白と黒のベーシックカラー2色展開で、背面にはさり気なくKATE MOSSとBIOTOPのロゴをプリントしました。

    DAVID SIMS KATE MOSS BIOTOP