JUN公式オンライン

Life&Beauty

【Maison Louis Marie】CANDLE

Color

Scalpay
(01)

Le Long Fond
(02)

L’Etang Noir
(03)

Bois de Balintcourt
(04)

Kandilli
(05)

Neige de Printemps
(06)

La Petite Louise
(08)

Valee’ de Farney
(09)

Aboukir
(10)

Size

  • M
カラーとサイズを選択してください
お気に入り
チャットで相談ご案内時間10:00〜23:00

ソイ ワックスのアロマ キャンドル。
・ガラスのキャンドルホルダー
・パラベンフリー、サルフェートフリー、フタル酸フリー、ヴィーガン、クルエルティフリー。

■No.01 Scalpay スカルパイー

■No.02 Le Long Fond ル ロン フォン
ヒノキやシダーウッド、パチュリの香り。マリー・デュプティ=トゥアールの祖父が、1979年にベルギーでつくった保育園の名前のこと。尊敬する祖父をイメージして創られたことがわかる香りで、女性から男性への贈り物としておススメです。

■No.03 L’Etang Noir レタン ノワール
マリー・デュプティ=トゥアールが姉妹と一緒に釣りや探検を楽しんだ、神秘的な黒い湖から連想された香り。アニスやナツメグ、ジンジャーやバニラ、ベンゾインなどでミステリアスな香りに。大人の女性に憧れる少女の心象風景が表現されたこの香りは、ロングドレスを着る時によく似合います。

■No.04 Bois de Balintcourt ボワ ドゥ バランクール
バランクールは家族で休日を過ごしたヴィラの名前。古くからの森の中には「ラヴァーズレーン(恋人たちのコース)」と呼ばれる長い散歩道があり、マリー・デュプティ=トゥーアールの家族何世代もの皆が、ここで散策を好んだそう。シダーウッド、ヴェチバーなどのゆっくりと呼吸したくなる香りです。

■No.05 Kandilli カンディリ
トルコのイスタンブールにある小さな村の名前。そこはマリー・デュプティ=トゥアールの母、トゥインキが16歳のときにチュベルーズの花の香りを初めて嗅いだ場所。トロピカルなテイストのチュベルーズとホワイトリリーのフロリエンタルノート。女性らしさを目覚めさせる、多くの女性に好まれる香りでしょう。

■No.06 Neige de Printemps ネージュ ドゥ プランタン

■No.08 La Petite Louise ラ プティ ルイーズ

■No.09 Valee’ de Farney ヴァレ ドゥ フェルネ
現在では、ビーチリゾートとして有名なモーリシャス。祖先のルイ=マリー・オーベール・デュプティ=トゥアールが数々の標本を採取し、100種以上の植物と、希少な動物の原生地となっている保護森林を有するフェルネ渓谷があります。グレープフルーツ、ブラックペッパー、パチュリ、ゼラニウムなどで、自然の息吹と、そこに分け入る冒険がイメージされます。

■No.10 Aboukir アブキール
地中海に面したアブキール。カイロに次ぐ、エジプト第二の都市、アレキサンドラから北に23kmに位置します。フランス革命戦争における戦闘のひとつ、アブキール海戦でルイ=マリー・オーベール・デュプティ=トゥアールの兄、アリスティッドは海軍士官として活躍したのです。レモン、ナツメグ、ユーカリ、カーネーション、アンバーなどでフゼア風に演出した、香水通好みの香り。

【サイズ】9 cm x 8 cm
【原産国】アメリカ

【Maison Louis Marie / メゾン ルイ マリー】
アメリカ西海岸初の『メゾン ルイ マリー』。ニューヨークタイムズや、ELLE、VANITY FAIRなどでもしばしば取り上げられる“フローラルフレグランス”ブランドです。

製品はパフュームオイルとキャンドル。香りは“フローラルフレグランス”ですが、日本で「心地よい」イメージの柔軟剤やシャンプーのフローラルノートとは少し違う、生命感に満ちた香りが特徴。フラワーアレンジメントをする前に花材を広げ、花たちが香りを放つ中で1本の茎に鋏を入れた瞬間に感じる香り。庭のテラスで夜の風を愉しむとき、ふと風に乗ってきた森からの香り。人間が基本的に持っている、自然の植物に引き寄せられる感覚を呼び覚ましてくれる不思議な香りが満ちています。

その理由は、『メゾン ルイ マリー』のファミリーストーリーにあります。ブランドの創始者でありマリー・デュプティ=トュアールの祖先は、フランス革命の頃をマダガスカル諸島、レユニオン島、モーリシャス島などで過ごしたルイ=マリー・オーベール・デュプティ=トュアール。10年の間、冒険と植物の学術調査に熱中した彼は、2,000種類以上の膨大な標本のコレクションとともにフランスへ帰国し、後にフランス学士院 科学アカデミーの会員に選ばれます。

200年前のこの祖先の血は、ベルギーで育ったマリー・デュプティ=トゥアールのなかにも受け継がれます。彼女は母親のつくった温室で、自らも植物の香りに触れ、やがてその香りを写し取ったようなキャンドルの制作を始めます。先祖の物語からスタートした『メゾン ルイ マリー」のフレグランス製品。家中を幸福感に包んでくれます。

■Maison Louis Marieのアイテムをすべて見る

品番 EFI21520
素材 その他 100%
サイズ M
原産国 アメリカ合衆国

お問い合わせ番号  EFI21520